肉壁

肉壁
(製作:2000年 420×295 カラーインク・コンテ・色鉛筆)

肉壁
このあしのうらにふれているのが
みずにくるまれたほしの
きずついただいちとよばれるぶぶんで
このはなのあなをとおって
たいないにとりこんでいるのが
よごれたくうきちゅうのさんそで

でも

この複雑な形の耳には
超音波は聞こえず
この視覚器には
認識できるものしか見えず
無を意識できないこの意識は
自分を客観視できる筈などなく

末世ゆえ
真理を語る哲学者の死滅
考えることを忘れた倫理教師の氾濫
無価値の新刊は売文評論家と結託
ショウペンハウエルよ
あなたの血脈は途絶えたか

 うふふ ふふ

宇宙は
成住壊空を繰り返す
そうしてずっと
共に存在してきた真実を
この細胞が
遺伝子が
鮮やかに
明らかに
記憶している
刻まれている
その意味においてのみ
人類はすばらしい…のだろうか

無始無終と説いた東洋の思想
宇宙が一個の生命体で
生物が意志だとしたら
私はそろそろ山を下りねばならない

ああそれにしても

空はこんなに青いのに

私はこんなに肉体だ

LINEで送る
Pocket