こんにちは。ながたみかこです。

 月刊絵本「すきっぷ」12月号(発行:メイト)が発売です。アンデルセン原作の『マッチ売りの少女』の再話をながたが担当致しました。
http://www.meito.jp/monthly_book/blog_skip_post_134.html


『マッチうりのしょうじょ』
 文/ながたみかこ
 制作/はっとりみどり、中島敦子(衣装)、田中霧香(背景)
 撮影/大畑俊男

 マッチ売りの少女は、切なくて悲しくて救いのない物語。悲しみの中、静かに展開していくこのお話が私は大好きです。今回、執筆の機会をいただき幸せでした。少女にどこまでも寄りそいたい……と願いつつ書き上げました。


 とても冷たい場面なのに、そこには暖かい世界が広がっているように感じられます。柔らかい羊毛人形のせいでしょうか。
 人形制作ははっとりみどりさん、中島敦子さん(衣装)、田中霧香さん(背景)です。


(※撮影は暑ーい夏の日に行われました。外は灼熱地獄でも、スタジオ内は静寂で厳かでございました)

 一般の書店には並んでいませんが、幼稚園や保育所で購読されているかもしれません。是非チェックしてみてくださいね。月刊絵本の御注文はこちらのページへどうぞ。
http://www.meito.jp/monthly_book/year_plan/index.html

 11月も終盤に入り、年末も見えてきましたね。皆様ご多忙とは思いますが、どうか御自愛くださいませ。ではまた。

2017.11.21 ながたみかこ

LINEで送る
Pocket