こんにちは ながたみかこです。
 今日の東京はとても暖かかったですね。日差しを確認した私は、闘志がメラメラ。
「切り干し大根日和だわっ」


 ……朝からせっせと大根を切りました。スマートになった大根たちは、お天道様の元へ。自然のめぐみをいっぱい浴びて、おいしくなあれ。
 私は乾物や漬物などの保存食を作るとき、やわらかい幸福感に包まれます。「食べ物を育む」といった気持ちになるのです。

******

 12月7日に新刊が出ていますので、本日は紹介をさせてください。



『校内放送でつかえる 学校なぞなぞ ①授業編』
著:ながたみかこ
絵:多屋光孫
発行:汐文社

 なぞなぞ本は数あれど、この新刊はひと味違います。「校内放送でつかえる」という謳い文句つきなのです。ちょっと珍しいでしょう? 給食の時間などの放送に使っていただけるように、という思いを込めたシリーズの1冊目です。

 なぞなぞのテーマは、学校での使用にふさわしいものを厳選。1巻(授業編)では、国語、算数、理科、社会、音楽、書道、図工、家庭科、体育をテーマに問題を展開しています。
 答のページには、それぞれに解説がついています。放送でこれを使って、ラジオの司会者やDJみたいに楽しいおしゃべりをして欲しいな~(ながた&編集者の願い)。
 そんなわけで、説明などいらないような単純な答えにも全て解説が付いています。うざいくらい付いています、わはは。放送部のみなさん、上手に読んでくださいね。これできみもDJだ!

 この本のもう一つの目玉は、なぞなぞの作り方を公開しているところです。なぞなぞの作り方は、いろんなパターンがあります。1巻につき3パターン、全3巻で計9種の作成方法を惜しげもなく大公開! なぞなぞを解くだけでなく、作る楽しみも味わってくださいね。

 絵は 多屋光孫さん 。昨年上梓された『まさかさかさま 回文めいじん』(汐文社)でも描いていただいた、超個性派イラストレーターさんです。
 多屋さんの絵はサブカルチックでダイナミックでユーモラス。子ども向けのなぞなぞ本で、こんな絵を描く人が他にいるでしょうか。もう、本当におもしろい!

(※こちら、体育の問題。
 【問】学校の中でおならを売っているのはどこ? 細かいところにこだわった楽しい絵もご注目ください!)

 12月7日発売。書店にも並んでいるはずです。図書館も是非ご活用くださいね。図書館に入っていなければ、是非是非リクエストをしてくださいませ。
(※リクエスト方法→ 図書館に本をリクエストしよう

 アマゾン『校内放送でつかえる 学校なぞなぞ』①授業編
 楽天『校内放送でつかえる 学校なぞなぞ』①授業編
****

 気づくと今年もあとわずか。年内は夏みかんジャムとドライ柚子を作ろうかなと思っています。もう素材は手元にあるのです。ふふふ。
 また保存食の話をしてしまいましたが、もちろんまだまだ仕事もしますよ。新規の御依頼も御相談も御遠慮なくどうぞ~。
 何かと忙しい12月ですが、みなさま、どうぞ健やかに楽しく過ごされますように。ではまた(2018/12/18 ながたみかこ)